ヒーリング・癒やしとは

2014/07/01基礎知識コメント(0)

I1407011

 

 

小学生でも大きなストレスを抱えていると言われている現代社会では、近年ヒーリングや癒やしを求める人達が増え、そのような職業もいろいろと見かけるようになりました。

 

ヒーリング・癒やし、何となくその意味はわかりますが、具体的にはどのように私達の体に影響を及ぼすのでしょう?

 

ヒーリングについて調べてみました。

 

ヒーリングとは何処から始まった?

I1407012

 

 

ヒーリングとは、そもそも体調を回復させる施術のことを言います。

つまりは、昔から医者のような役割をもった施術士がおこなっていました。

もちろん時代や地域によって、その呼び名はいろいろあり、神官だったり巫女だったり祈祷師だったりしましたが、現代のように医学が発達していなかった時代には、呪術系とも深い関わりがありました。

 

つまり「特殊能力によって病や怪我などを治す」ことが全般にヒーリングとされていました。

 

「癒やし」という言葉にしても、そもそも「癒やす」とは「病をいやす」言葉が語源でした。

 

ですが昨今のヒーリングや癒やしといえば、肉体的なことよりもむしろ「精神的なもの」が重視されているようです。

 

主にストレスを解消して緊張を解し、リラックス効果を与えるという意味のほうが強くなっているようです。

 

とは言っても、精神的なストレスを緩和させることは、肉体的な不調を防いだり自然治癒力を高めたりする効果があり、結果的に肉体の健康にも繋がるのです。

 

 

ヒーリングが肉体に与える効果

 I1407013

 

 

昨今では、リラクゼーション効果を与えたり、心と肉体の緊張をほぐすことを目的としたさまざまなヒーリング方法がおこなわれています。

 

これらは主にストレスを解消して心を安らかにすることを目的として、体感的な「気持ちよさ」を与えられる方法がおこなわれていますが、精神をリラックスさせることによって自律神経の働きを整える効果を得ることができます。

 

実は私達人間は、自律神経の乱れからさまざまな肉体的症状が出ることか知られています。

 

例えば便秘。

そして肥満も自律神経の乱れが関係していることがありますし、肌荒れ・不眠などの睡眠障害・取れない疲れ・生理不順など、ありとあらゆる症状が現れることが知られています。

 

つまりヒーリングとは、その時に「心地いい」と感じるだけでなく、自律神経を正常に働くように整える効果があるため、免疫力を高めたり自律神経失調症の諸症状を緩和させ、肉体を健康な状態に保つ効果があるのです。

PAGE TOP ↑