悩みを解消して心のヒーリング

2014/08/11コメント(0)

 I1408091

 

 

 

誰にでも悩みはあるものです。

 

どんなに明るい方でも、辛いことや悲しいこと、人に言えないことなどさまざまなものを抱えて生きています。

 

ですが、心が暗いとそれ以外の全てで「何もかもが上手くいかない」と感じてしまうことも多々あるものです。

 

少しでも悩みを解消し、ポジティブな考え方をすることで、いろいろなものの見え方も変わってきます。

 

 

 

悩みはストレスの素

 

I1408092

 

 

多かれ少なかれ、誰でも何らかの悩みはあると思いますが、悩みすぎて体調を崩してしまうということはあまりありません。

 

ですが中には悩みすぎて体調を崩してしまう人もいますし、場合によっては精神的に疲れ果てて自殺してしまうケースも有ります。

 

悩みは精神的にも肉体的にも疲労させてしまい、自分を追い込むストレスの素となってしまうのです。

 

ですから、あまり深刻に考えこまずに少しでも早い解決が望ましいのですが、なかなかそういう訳にも行きません。

 

簡単に解決できるような悩みなら、そもそも深刻に考えこんだりすることはないのですから・・・

 

人それぞれ悩みに対する感じ方も違いますから、本人は深刻でも他人からは「そんなこと」と思われてしまうこともあれば、その逆もあります。

 

いずれにしても悩みを長く抱え込むほど精神的にも追い込まれてしまいますから、悩みを解決とまでは行かなくても「心を軽くする」努力は必要でしょう。

 

 

悩んだ心を軽くするには?

 

I1408093

 

 

悩みをすぐに解決できなくても、少しでも発散して心を軽くするにはどうすれば良いのでしょう?

 

一つは「人に話す」というのがあります。

 

誰かに話すことで、それだけで心が軽くなるのです。

 

相手次第では有効なアドバイスが貰えるかもしれません。

 

家族・友人・恋人など親しい人や、逆に私生活で関わることのないカウンセラーや占い師に相談したり、ネット相談みたいなものに書き込んでみるのも良いかもしれません。

 

ただし、安易にネット相談を利用すると、場合によっては誹謗中傷で更に傷つけられてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

次に「紙に書く」という方法もあります。

 

思ったことをただ書くだけでもいいですし、自分に問いかける形でも、誰かに話しかける形でも何でも構いません。

 

ともかく困っていることを紙に書くだけでもスッキリしますし、悩みを客観的に見ることが出来るようになり、自分で糸口を見つけるキッカケにもなります。

 

専門家の手助けが必要な悩み(病気や借金など)の場合には、少しでも早く専門家に頼ることをお勧めします。

 

 

PAGE TOP ↑