たった1分で落ち込んだ気持ちをリセットしてくれる香りの魔法

2014/10/04香りコメント(0)

 I1410031

 

 

 

何となく気分が優れない、何にもやる気が出ない、そんな気分の時って誰でもありますよね。そんな時にお勧めしたいのがアロマテラピー効果です。嗅覚はダイレクトに脳に直結している感覚器官ですから、気分が落ち込んだ時は元気になる香りを楽しむのが一番。今回は、特に最近話題のアロマの利用方法をご紹介しましょう

 

 

 

朝は元気が出るスイートオレンジ

 

I1410032

 

 

朝から身体がだるい…。そんな時は身体からストレスホルモンと言われるコルチゾールが分泌され、脳の海馬を萎縮させているのかも知れません。鼻孔を広げて、たっぷりと柑橘系の香りを吸い込みましょう。たちまち細胞が活性化するのが分かります。レモンの香りは目覚めをスッキリさせ、グレーフフルーツの香りはダイエット効果を高めます。そして、スイートオレンジの香りは神経を休め落ち着かせる作用があります。

 

 

昼間はアロマペンダントを身につける

 

「アロマの香りが認知症を予防する」とテレビでやっていたせいか、最近とてもアロマペンダントが人気です。中が空洞になっていて直接アロマを入れるタイプ、繊細なデザインでアロマを滲み込ませた布やコットンを中に入れるタイプなど、種類も色々あります。ペンダントを付けるのが難しいようなら、ケータイのストラップに付けても良いでしょう。バッグやポケットに入れて置くだけで良い香りに癒されます。

 

 

寝る前にラベンダーの香り

 

I1410033

 

 

お風呂にアロマオイルを垂らすのも良いですが、シャンプーなどの香りで効果が薄れがちです。一番確実なのは、ベッドサイドでアロマのデュフューザーを使う方法。ほんのひと垂らしで部屋中にラベンダーの香りが漂います。ラベンダーは安眠効果も高いので、そのままぐっすり眠れるはずです。

 

いかがですか。アロマオイルを試した事がない人は、ぜひ1度試してみて下さい。発祥地のイギリスでは、家庭内治療薬として長く愛用されています。特に、女性ホルモンの分泌を促す作用があると言われているので女性にぴったりな方法です。

PAGE TOP ↑