憂鬱な自分にさようなら!たったこれだけで明るい気分を取り戻せる2つの方法

2014/10/17コメント(0)

 I1410131

 

 

 

友人や上司の何気ない一言で、気分がズーンと沈んでしまう、そんな事ってよくありますよね。特に女性は生理中や生理が始まる前は、気分のアップダウンが激しくなります。大丈夫大丈夫、あなたの気分を簡単に明るくする方法があります。今回は、憂鬱な気分を吹き飛ばす、簡単な方法をご紹介しましょう。

 

 

 

グレープフルーツを食べる

 

I1410132

 

 

グレープフルーツの香りはダイエット作用があると言われていますが、実はグレープフルーツには抗鬱作用があります。

ちょっと苦みのある味は、気分をさっぱりさせるのにぴったりです。

レモン、オレンジ等の柑橘類にも気分をさわやかにする作用があります。

ビタミンCが豊富で、身体の免疫力を上げてくれますから、気分が憂鬱な時はグレープフルーツ等の柑橘類を食べてみましょう。

 

 

綺麗な色を取り入れる

 

I1410133

 

 

黄色、オレンジ、ピンク、最近はカラフルな自動車が人気です。女性ドライバーが増加していますから、自動車メーカーは女性心理を勉強しているのでしょう。

綺麗な色に囲まれると、女性は気分が上がります。

新色の口紅や綺麗な色のハンカチ、カラフルな折り畳み傘など、身の回りの小物をちょっと自分にご褒美してあげましょう。綺麗な色を目にすると、女性は自然にその色の持つイメージに感情が同化するのです。マニキュアに明るい色を取り入れてみるのもお勧めです。

 

 

いかがですか。この2つの方法は、デートの前等、自分の気分を上げたい時にもお勧めです。

冷蔵庫には新鮮な柑橘類を常時用意しておきましょう。特にグレープフルーツは効果があります。

 

PAGE TOP ↑