断捨離を通して、心も体もデトックスしてみよう

2014/11/20生活コメント(0)

I1411161

 

 

元々ヨガの行法だった「断捨離」ですが、今ではすっかり日常的な用語として定着したことでしょう。そして、誰もが一度は取り組んだことがあると思います。日々行う掃除とはまた違って、ものを手放したり、捨てたりすることが基本になります。

 

現状を打破するため、流れを変えるために必要なものと不要なものを分け、身の回りを整えることを言います。

 

 

短くて1年、長くて3年使っていないものは手放しましょう

 

I1411162

 

 

クローゼットや洋服ダンスを見てみると、長年着ていない洋服はありませんか?全然使っていない文房具や雑貨はないでしょうか?

 

大事な思い出や形見の品は無理に捨てる必要はないですが、短くて1年、長くても3年間全く使っていないもの、どこにしまったかすぐに思い出せないものは、手放してしまうことをおすすめします。

 

 

人間関係の「断捨離」も怖がらずにやってみましょう

 

I1411163

 

 

スマホや携帯、パソコンを買い替えた時、アドレス帳を無意識にそのまま移行してはいませんか?数年間まったく連絡を取っていない人、今後取る可能性がとても低い人、連絡先が変わってしまった人などの連絡先は思い切って消去してみましょう。

 

日々の整理整頓はもちろん大事ですが、気持ちを切り替えるための掃除もなかなかすっきりするものです。掃除にまとめてするのは大変なので、週末に少しずつやることがおすすめです。ただし、ものを手放す時には、今までの感謝の気持ちを忘れずにすることも重要です。

 

空いたスペースには、きっとまた新しい素敵な縁が舞い込んでくることでしょう。

PAGE TOP ↑