月の秘めたパワーをたくさん吸収する方法とは

2014/11/22身近な存在コメント(0)

I1411181

 

 

仕事終わりの帰り道、疲れた体で家路を目指していると、ふと空を見上げた時に見えた月が、とても優しく感じられることがあるかもしれません。昼間は太陽に隠れて見えない月ですが、いつも変わらず私たちを見守ってくれています。

 

そして、この最も身近な天体の1つである月のパワーを、より効果的に取り入れられる方法があるのです。

 

 

満月のパワーを含んだ水を飲む

 

満月の光を取り込んだ水を「満月水」と呼びます。庭やベランダに、水を入れたボウルや入れ物を置きましょう。できれば、木でできた容器がおすすめです。

 

満月のパワーを吸収させたお水は、もちろんなりたい自分の姿を思い描きながら、そのまま飲んでも良いですし、お風呂に入れたり、スプレーにして場の浄化にしたりもできます。

 

 

新月の願い事を満月に叶える

 

I1411182

 

 

はじまりの象徴である新月の時に、解放したいことや手放したいことを紙に書いておき、満月の日に、その紙を見返さずにびりびりと破り捨てます。すると、潜在意識に刷り込まれた意識が、いつの間にか自分の思いや行動を変えてくれてくれると言われます。

 

 

新月と満月のプチ断食

 

I1411183

 

 

女性の体は月のリズムと大いに関係があります。そのため、新月や満月の前後や当日に、プチ断食をすると、体や感情の毒素が排出される効果があるようです。

 

ただ、断食は置き換えの酵素ドリンクを飲んだり、1食だけにしたりと、無理をしない程度に取り組むようにしましょう。

 

満ち欠けを繰り返す月のリズムを意識することで、生活のリズムが整い、良い方向への流れもできてきます。ぜひ簡単にできるところから試してみてくださいね。

PAGE TOP ↑