森の中を歩いてリフレッシュ!森林セラピーのススメ

2014/12/23外出コメント(0)

I141218

 

 

森林セラピーとは、植物や花など自然の力を借りて行う自然療法の一種です。

人間の「五感」を心地よく刺激しヒーリング効果を促す森林セラピー、自分の身体で森林の癒しを思いっきり感じてみましょう。

 

 

視覚

 

森林に訪れてまず感じるのが、美しい自然の眺望です。

森林を視覚で感じることにより、血圧の低下や興奮している気分を鎮静化してくれます。

また、視力回復の効果もありますので、日々のパソコン作業で疲れた目の癒しに大変効果があるのです。

 

 

臭覚

 

森林の青々しい香りは大変心地よいものです。

それは、アロマオイルに含まれる成分でもお馴染みですよね。

森林から発せられるフィトンチッドという、全ての香りの分子を鼻から吸い身体に取り入れることで、あなたをストレスから守ってくれることでしょう。

 

 

聴覚

 

森の中に身をおき耳を澄ませてみれば、色んな音が聴こえてきます。

それは、小鳥のさえずりや、木々が風に揺れる音、川のせせらぎ。

これらの音は落ち着く気分にさせてくれるα波を脳に誘導します。

聴覚はダイレクトに脳に届くので、一瞬にしてリラックス効果をもたらしてくれるでしょう。

 

 

味覚

 

森林のごちそう、それがキノコや木の実、美味しく澄んだ水です。

森林の中でその季節の味覚を味わうことにより、幸せな気分にいざなってくれることでしょう。

 

 

触覚

 

森林の中に落ちている木の葉や木の実。

それら自然のものを手や指で触ることにより、副交感神経が刺激され心を落ち着かせる作用があります。

更に、大きな木に抱きつくことで心を安定させる効果もありますよ。

 

五感を刺激しリラックスに導く森林セラピー。

ぜひ、この週末は森林に足を運んでみてくださいね。

気分はリフレッシュして新しい毎日を楽しめることでしょう!

PAGE TOP ↑