健康的に前向きな気分にさせてくれる!ヨガの呼吸法3選

2014/12/29チャレンジコメント(0)

I141222

 

 

ヨガは人気のワークですが、身体を動かすのが苦手という人には呼吸法という取り入れ方もあるのです。

呼吸とは、自分の意思で臓器をコントロールできる唯一の方法で、呼吸法によって心身共に鍛えることができるとされています。

ヨガの呼吸法は様々ですが、それぞれの方法と効能をご紹介しますね。

 

 

腹式呼吸

 

腹式呼吸は手を使わないお腹のマッサージになり、腸を刺激し便秘の解消になります。

また、副交感神経を刺激することで深い癒しの効果が得られ、イライラを緩和しリラックスすることができるのです。

 

・腹式呼吸の方法

1)手をお腹におき、鼻から息を吸ってお腹を膨らませます。

2)お腹がぺたんこになるまで鼻から息を吐ききります。

息を吐く時は息を吸う時の倍の時間をかけましょう。

 

 

胸式呼吸

 

胸で呼吸をすることによって、普段使わない胸の筋力がアップして姿勢が良くなります。

また、ネガティブな感情をはき出しリフレッシュの効果も。

 

・胸式呼吸の方法

1)座った姿勢で骨盤を立てます。

2)息を吸ってお腹が動かないよう胸を膨らませます。

3)胸に溜まった息をゆっくりと吐き出します。

 

 

完全呼吸法

 

神経を穏やかにし、ストレスを追い出してくれる効果のある完全呼吸法は、たくさんの酸素を内蔵に取り込むことで細胞を活性化してくれます。

 

・完全呼吸法の方法

1)お腹に溜まった息を全て吐ききる。

2)ゆっくりと息を鼻から吸い込む。お腹、胸、鎖骨まで酸素が行きわたるのを感じる。

3)2~3秒息を止める

4)お腹をぺたんこになるまで息を鼻から吐く。肩も下がるように。

 

リラックス効果だけではなく、健康的になれるヨガの呼吸法、ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。

細胞がキラキラと輝き、内側からポジティブなパワーが発せられますよ。

PAGE TOP ↑