もしかして私って×××?夢が教えてくれる自分の深層心理を分析しよう

2015/01/25睡眠コメント(0)

I1501091

 

 

夢には様々な解釈があります。昔から夢の分析や夢占いは盛んですが、真実は誰も分かっていないのかもしれません。

しかし、どうしてそんな夢をみるのか、夢をみる原理はある程度は分かっています。

 

 

夢の中の人物は全て自分自身

 

夢の中には色んな人が出てくるはずです。意外な人物や、知らない人が出てくる事もあるでしょう。

夢を分析する時によく言われるのが「分身原理」という言葉です。これは、夢は自分の深層心理を反映しており、そこに出てくる登場人物は全て自分の分身である、という考えです。

 

 

外的影響が夢に出る

 

夢をみる時に、直前までみていた映画の内容や小説、漫画の主人公などが影響する場合があります。視覚から受けた刺激は脳内にとどまり、睡眠中の夢に作用する事はよくあるのです。

 

これを専門用語で「感覚原理」と呼んでいます。寒い部屋で寝ていると吹雪の中で遭難する夢をみたり、のどが乾いていると海で泳ぐ夢をみたりと体内の情報、刺激が夢になって現れる事は非常に多いのです。

 

 

意識と無意識

 

昼間の印象が強く残っていた場合、その事が夢に現れることはよくあります。

しかし夢の中では現実と反対のことが起こったり、思ってもいない行動を自分が取る場合があります。これは自分の意識と無意識が心のなかで自由に動き回っているのが原因です。

自分の願望や欲望が夢の中では自由に表現されているのです。

 

いかがですか。夢を分析することは、自分自身の深層心理を知るチャンスです。ストレスや気付かない欲望を発見できるかもしれません。

今年から夢日記をつけて、あとで分析してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP ↑