いつまでも健康でいたいー風水を使って自分の運を上げる方法

2015/03/09風水コメント(0)

I1503051

 

 

風水では健康になる部屋作りを重用視しています。

いくら金運や恋愛運があっても、人間は健康でないとそれらを享受する事はできません。

幸せになるにはまずは健康から。居心地が良く、リラックスできる風水術をご紹介しましょう。

 

 

溜まったストレスを浄化するには

 

病気ではないけど、何となくすっきりしない、イライラが続く…。そんなストレスを浄化するには、体内に滞っている悪い気を排除する必要があります。

 

水を飲んで体内の老廃物を洗い流すように、部屋に澄んだきれいな水を置くと部屋の中に良い気がいきわたり、自分の体にも好影響を与えてくれます。

 

クリスタルなど、きれいな器に水を入れ、窓辺など光が入ってくる所に置きましょう。花を飾る事も大変効果がある方法です。滝や噴水の絵を飾っても良いでしょう。

 

 

不眠を治すには

 

まず寝室の掃除をきちんとやりましょう。窓を開けてきれいな空気を入れ、部屋の淀んだ空気を入れ替えてください。

 

次に大地の色である焦げ茶、漆黒の闇を連想させる濃紺の色をシーツなどのリネン類に取り入れると寝付きが良くなります。

 

日本では縁起が悪いと言われる北枕も、風水では気を安定させるので深い眠りが欲しい人にはおすすめです。

 

花や植物は気を循環させるので寝室にはタブーです。鏡も気を乱す原因になりますからベッド周りには置かないようにしてください。

 

 

ダイエットを成功させたい

 

健康な体になりたいならストライプを利用しましょう。人はストライプの模様をみるとすっきり、さっぱり感じると言われています。洋服にもよく取り入れられる模様ですが、テーブルクロス、ランチョンマットをストライプカラーにすると食欲を抑える効果があります。

 

ダイエットしたいなら、ブルーと白のストライプカラーのお皿やカップを使って食事をすると良いでしょう。

 

 

いかがですか。風水は健康にも役に立ちます。人の心を癒し、疲れを軽減させる効果がありますから、ぜひ取り入れてみてください。

PAGE TOP ↑