やっぱり凄いムーンパワー。月の満ち欠けを利用して心の浄化をする方法

2015/03/28自然コメント(0)

I1503111

 

 

古くから、ささやかれているムーンパワー。

人は満ち潮の時に生まれ、引き潮の時に死ぬ人が多いと言う統計もあります。また満月の日は出産が多いとも言われています。

月にはどんな秘密があるのでしょうか。

 

 

満月は人の心を乱す

 

月の満ち欠けは人間の心理状態に影響を及ぼします。特に満月になると気持ちが高ぶり、犯罪が多くなると言うデータもあるのです。

 

精神科医の調査報告によると、精神疾患患者の中には特定の月齢時に不眠になったり、悪夢を見たりすると指摘しています。明るく輝く満月には魔性の力が働くようです。

 

 

作物や動物にも影響する

 

亀は必ず満月の夜を選んで産卵するそうです。

現在のカレンダーは太陽暦ですが、月の暦である太陰暦(旧暦)にあわせて種をまいたり収穫したりする有機農法で作物を作ると、同じ種から作った物でも高品質の作物を生み出すと注目を浴びているのです。

月には動物や作物のエネルギーを引き出す作用があるのかもしれません。

 

 

月のヒーリング作用

 

月の満ち欠けは約29.5日の周期で繰り返されます。月の満ち欠けを書いたカレンダーやノートが売られていますから、自分の行動をこの月の満ち欠けを参考にしてみるといいかもしれません。

 

新月には自分の願いを後押ししてくれるパワーがあります。新月から8時間以内に願い事を前向きな表現でノートか手帖に書き出してみてください。書いたことは現実のものとして潜在意識が動き出します。

 

また月が欠けてくる時は自分の心も落ち込みやすくなります。外出を避けて部屋の掃除や自宅で料理をつくるなど、室内でくつろぐと気持ちも安らぎます。

 

いかがですか。月の満ち欠けは女性心のように神秘的です。今夜の月はどんな形をしているか、外に出て確かめてみてください。

PAGE TOP ↑