人との付き合いが上手くいかない時に…「喉」を鍛えて自分に正直になろう

2015/04/07身体コメント(0)

I150403

 

 

自分を上手く表現できず、人付き合いがうまくいかない…人とコミュニケーションを取るのが苦手…そんな人、多いのではないでしょうか。

喉は自分に正直になるためのオーラの通り道と言われています。

喉を様々な方法で鍛えて、怖がらずに自分を表現していきましょう。

 

 

日常での簡単な鍛え方

 

・首を冷やさない

・外で寝っころがって空を見つめ無限の空間に思いを馳せてみる

・真実のみを語り嘘を付くのをやめる

・アゴを引いて首の後ろを伸ばす

・ありがとうとたくさん言う

・歌を気持ちよく歌う

・少し高い声で歌ってみる

 

 

チャンディングをしよう

 

喉を鍛える方法に、歌を歌うというのがありますが、マントラをメロディーに乗せて歌うチャンディングならより一層効果的です。

簡単なマントラを、自己流でメロディーに乗せて歌ってみましょう!

「ロカーサマスター スキノババントゥ」

世界の全ての幸せを祈ることによって、自分にも幸せが帰ってきて自信が付くマントラです。

お風呂の中や、家事の時に気軽に歌ってみてくださいね。

 

 

ヨガのポーズで喉を鍛えよう

 

1)首を回す

2)仰向けになり頭を上げる

・仰向けで寝転んで、掌を下、足を揃えて、吸って頭を上げて、つま先を見る、吐いて下すを繰りかえす。

3)逆立ちのポーズ

4)魚のポーズ

5)唇をブルブルと震わす

 

 

ソーハム瞑想をする

 

床に仰向けに横たわる。

「ソーハム」と唱える。

私は神そのものであるという意味をもっています。

そして、やりたいだけ続けてから仰向けのまま瞑想に入る。

 

日常に出来ることや、寝ながらでも簡単にできる喉の鍛え方。

喉元を鍛えると、自分を素直に表現できるオーラのバランスが取れ、愛情に満ちた真実の自分を表現できるようになりますよ。

周囲とコミュニケーションを取るのが苦手な時、ぜひ試してみてくださいね。

PAGE TOP ↑