塗って眺めて癒される【曼荼羅塗り絵】でセルフセラピーしよう

2015/04/13趣味コメント(0)

I150405

 

 

曼荼羅(まんだら)?塗り絵?なんだか関係ないような2つですよね。

でも実は、曼荼羅を好きな色で塗ることによって得られる癒しの効果が、最近注目されているのです。

そもそも曼荼羅って何なの?どんな効果があるの?そんな質問にお答えします。

 

 

曼荼羅って何なの?

 

「曼荼羅」とは、サンスクリット語で本質や円を表し、仏教の世界では仏の悟りの境地、すなわち森羅万象を表します。

英語圏での解釈は、宇宙を表し、一概に曼荼羅とは何か、という説明は難しいものですが、日本では主に仏教の世界観を絵で表したものを曼荼羅といいます。

 

 

曼荼羅塗り絵の効果とは?

 

・癒しの効果

宇宙や森羅万象を表す曼荼羅を無心で塗ることによって、深いリラックス効果を得ることが可能です。

好きな色を選んで塗ることで、知らない自己を知ることができ、自己治癒力まで高めることができると言われます。

また、一種の瞑想状態になり、続けることでより良い人生に繋がっていきます。

 

・達成感

様々な図形を塗り終えると何ともいえない達成感をもたらします。

何をやっても続かない、という人は、まずは小さい簡単な図柄の曼荼羅塗り絵から始めてみると良いでしょう。

自分でもやり遂げられることがあるのだという充足感は、あなたの可能性を広げてくれることでしょう。

 

・集中力が付く

子供の教育にも使われている曼荼羅塗り絵。

細かい図柄をはみださないように塗ることで、集中力が付きますよ。

 

癒しの効果と集中力や持続力が付く曼荼羅塗り絵。

日常生活に疲れたり、イライラや不安がある時にぜひ挑戦してみてください!

はまる人がどんどん増えている曼荼羅塗り絵は、カラーセラピーの効果もあり単純にとっても楽しいものですよ。

PAGE TOP ↑