聴いているだけで癒される…シンギングボールを毎日の癒しに取り入れよう

2015/05/02音・音楽コメント(0)

I1505011

 

 

ドニパトロ、ともチベットの浄化音とも呼ばれるシンギングボール。世界中でヨガや瞑想の時に愛好されています。

愛される理由について探ってみましょう。

 

 

倍音が癒しのキーワード

 

シンギングボールを鳴らすと生まれる不思議な響きは音楽用語で倍音と呼ばれる音です。この倍音がシンギングボールの大きな特徴です。

アメリカ、ヨーロッパでは音楽を中心とするセラピーやヒーリングが盛んになり、その成果が報告されるようになりました。現在は、ヒーリングミュージックなどにも使われています。

 

 

身体の水分に共鳴する

 

私たちの身体は70パーセントが水分でできています。この水分に、シンギングボウルの倍音や響きが共鳴して、細胞レベルで滞っているエネルギーを浄化します。

身体の中に流れているエネルギーは、ストレスに弱く、力が弱まると心身ともに疲れやすく、免疫力も低下します。

 

各チャクラに対応したシンギングボールの音色は、この滞っているエネルギーを流し、身体の水分にボールの音が共鳴して、リラックスした状態に身体を整えてくれるのです。

 

 

実際の利用法

 

①シンギング・ボールを手のひらの上にのせ、心棒を縁に軽く打ち付けます。

 

②心棒を廻す速度や押しつける強さをアレンジして下さい。

 

たったこれだけです。自分の気持ちに合わせて音を鳴らしてみましょう。

 

 

毎日の癒しに取り入れよう

 

シンギングボールに決まりはありません。瞑想に使うもよし、ただ音を鳴らして楽しむのもよし、ただ、選ぶ時は要注意。購入する時は必ず心臓の高さに持ち上げ、自分の身体に引き寄せて音を鳴らしてみて下さい。

 

あなたの身体に共鳴するボールをえらぶことが大切です。

 

いかがですか。倍音に癒されるシンギングボール。アンティークショップや、ネットでも販売されています。疲れがとれない…。と感じたとき、まずはシンギングボールの音を聴いてみて下さい。

PAGE TOP ↑