聞こえない音”が身体を癒す?ハイパーソニックエフェクトのヒーリング効果とは

2015/05/05音・音楽コメント(0)

I1505021

 

 

聞こえないのに、心と身体を癒してくれる、そんな不思議な音、ハイパーソニックエフェクトの効果の秘密は一体どこにあるのでしょうか。

 

 

周波数が決めて

 

周波数とは、Hz(音の高さ=音程=Hzヘルツ)で現されます。1秒間に何回、空気が振動するかを表す数値のことです。

 

人の聴覚は、20Hzから2万Hzの範囲の音(1秒間に20回から2万回振動する音)を聞くことが可能だと言われています。

 

 

脳に影響する

 

人間は耳に聞こえない超高周波を浴びていると、自然に体が反応して基幹脳(脳幹・視床・視床下部)が活性化します。その結果アルファー波が増えて、免疫力が上がり、ストレスが減ると考えられているのです。

 

 

聞こえない音を聞くには

 

超高周波、ハイパーソニックエフェクトを聞くには3つの方法があります。

一つはガムラン音楽を聞く事です。この音楽には50Hzを超える高周波を出す楽器があるそうです。

2つ目は、熱帯雨林の環境音を聞く事です。森林を歩く事はフィトンチットの影響で心身の疲れを癒す効果もあります。

3つ目は、このハイパーソニックエフェクト専用に作られたCDを聞くことです。

 

 

注意点

 

このハイパーソニックエフェクトの音を聞いて心身を癒すには、まず静かな環境を用意して下さい。何も聞こえないからと生活音が聞こえる空間では効果が半減してしまいます。

そして少なくとも5分以上はじっと耳を傾けましょう。この効果は長く聞く程高い効果がでるといいます。

 

いかがですか。聞こえない周波数でも、心と身体を癒す事ができるなんて不思議ですよね。でも、これは自然の中で生きる動物にとっては当然な行為だそうです。

人間も、時々は大自然にかえってこの周波数に身を委ねても良いのではないでしょうか。

PAGE TOP ↑