100年に1人のヒーリングボイス「サラ・オレイン」の声に癒されよう

2015/09/24音・音楽コメント(0)

I150909

 

 

生い立ち

 

オーストラリア・シドニー出身。1986年生まれの彼女は、音楽をこよなく愛する外交官の父と音楽家である母のもとに生まれました。

 

5歳よりヴァイオリンを始め、14歳の時、シドニー音楽院内のオペレッタ「パイレーツ・オブ・ペンザンス」のオーディションを受け、主役に抜擢されています。

 

 

マルチな才能を発揮

 

2008年、世界で25名の学生が選ばれる東京大学留学生として、オーストラリアを代表して同大学教養学部に留学。在学中より、英語、イタリア語、日本語を操る語学の才能を生かし、絵本の翻訳や、ロンドンの広告代理店のコピーライターとしても活躍しました。

 

 

様々な世界で話題に

 

サラ・オレインの美声は、任天堂Wiiゲームソフト「ゼノブレイド」で光田康典作曲のエンディングテーマ曲「Beyond the Sky」のヴォーカルを担当し、一躍話題になりました。

 

 2014年7月、フィギュアスケート・アイスショーでは羽生結弦選手、安藤美姫選手、高橋大輔選手ら世界のトップスケーター達とのコラボレーション出演で新境地を開いたことでも有名です。

 

 

 彼女の声の秘密

 

2014年10月、日本音響研究所によるサラ・オレインの音声分析の結果が発表されました。その結果、彼女の音声は特別な波長と清涼さを併せ持つ、100年に1人のヒーリングボイスであることが科学的に証明されたのです。

 

アスリートのような声帯、3オクターブを超える音域と絶対音感を持つ彼女の声は、人々の心を気持ち良く癒すと世界的に評判になりました。

 

いかがですか。癒しの歌声、サラ・オレインは、積極的にコンサートを行っています。

今年の4月からTokyo-FMにて「Peace of Mind~土曜の朝のサラ・オレイン~」(毎週土曜8:30~8:55放送)初のレギュラーパーソナリティーになりました。彼女の歌声にぜひ癒されてみて下さい。

PAGE TOP ↑